アナルファック&アナル指入れ体験談

期せずして20代人妻さん再登場

このところ受け身オンリーだったんで、たまには女の子を思いっきり責めてみたいとホテヘルを利用しました。
お馴染みのデリヘルはアナルファックのオプション料が10000円だったのに対して、ホテヘルが5000円だったので安さ重視に後者を選びました。
電話で現在の状況を確認してから赴き、指名なしで入ると前にも会ったことのある20代の人妻さんが出てきます。
でも髪型が変わってて服装も違かったので僕の方はパッと思い出せず。相手から「あっ、〇〇さん、お久しぶりー」と言われるまで気づきませんでした。
いつもは向かい側のアパートでエッチしてるんですが、今日は満席だったようでビルの二階へと案内されました。そのビル二階では、僕らの他にもう一組の男女がくっ付いて歩いてました。歳も離れてそうでしたし、きっと同じ店か少なくとも風俗関係でしょう。どういうシステムになってるのか気になるところです。

シャワー室での前戯

最初は適当に雑談。前回は少し緊張しててすぐにプレイに入ったため、全然話が出来ませんでした。
話していくうちに気さくなタイプで趣味も被っていると分かりテンションが上がります。やはり風俗においてもコミュニケーションは大切のようです。
お互いに服を脱がせあいっこします。最近の風俗通いのお陰で女性の服を脱がせるのも得意になってきました。
スムーズに全裸にさせて軽く愛撫をしたのちに僕の方も裸になります。まだ萎れた状態でしたが、全裸密着からのディープキスで恥ずかしげもなく完全勃起しました。
バスルームがアパート部屋の時よりも広かったので二人で入ることに。ボディーソープを使ってお互いに泡だらけになるついでに、泡をローション代わりに軽く手コキもされました。
興奮してたのか、あっさり射精を予感させます。けど、シャワーで立ちながら射精は勿体ないので括約筋に力を入れて射精は我慢しました。

責め側もかなり楽しい

部屋に戻り、ベッドで女性に這ったポーズをとらせます。いつもとは真逆のシチュエーションです。女性の表情が見られないのは残念ですが、こちらも中々にオツです。
シャワーで念入りに肛門を綺麗にして、まずは解すために指入れを試みます。女性のアナルに指を入れるのはこれが初めてでした。肛門に指を入れることについては、特に抵抗はありませんでした。
中指が徐々に深みに入っていきます。向こうは慣れているのか、苦しむ様子は見せずに「ああぁあ~」と浸るような声ばかり漏らしていました。
ついでに人差し指も挿入して、結構な大きさの穴が出来上がります。生挿入は不可ということで、コンドームを装備して発進です。
亀頭で肛門をグリグリと抉じ開けていき、ゆっくりと奥まで侵入していきます。
ちなみに、アナルファックはこれで人生二度目でした。膣とは違い、ペニスにヒダが絡んでくる感触はありません。根本まで突き刺さると肛門は強く窄みだして肉棒をキュッと締め付けてきます。引き抜くのも大変なほどの締まりっぷりで、少し力を入れて引っ張り上げると肉棒が抜けてしまった……ってことが三回もありました。
お互いに慣れてきたところでスピードを徐々に上げていく。最後の方では嬢の方も思いっきり感じだして、シーツを力いっぱいに握りしめて嬌声を上げていました。
やがて、コンドーム付けたままアナルの中で射精。ドクドクとタンクに精液が満たされ、肉棒がビクビクと脈打ってる状態が気に入ってた様子です。「ペニスすごい熱いっ!ビクビク言ってる!」なんてAV女優みたいなこと言ってました。
僕は何年振りかのアナルファックに大満足です。でも、やっぱり僕はMで責められたい側かもしれません。次は女性側からアナル責めをしてもらいたいと思います。