動けないデリヘル嬢に電マ地獄

新しい快感の萌芽

今回のデリヘルは非常にハードな内容となりました。いつも受け身タイプの僕が。今回は責め側へと回り、デリヘル嬢を此れでもかってくらい責め立ててやりました。
きっかけはAVで電マプレイを観た時です。そういえばおもちゃを使ったプレイって全然してないなーと思い立ったが最後、オプションで電マを注文していました。
しかも拘束&アイマスク付きです。縛られたデリヘル嬢に電マ地獄を味わわせるプレイ……試しとばかりにやってみたんですが、これも前立腺と同様に病みつきになってしまいそうです。
悲鳴のような声を上げて絶頂し続けるデリヘル嬢に終始大興奮でした。

無抵抗のコギャルを前に

お相手は誰でも良かったんですが、フリーと伝えた後にスタッフから「例えばですが、どんな子が良いですか?」みたいなのを聞かれたので、「Mっ気のある子が良いです」と言いました。
すると、見事に生粋のM女が来てくれました。茶髪の長髪で、如何にもSっぽい気配をまき散らしているコギャルタイプ……本当にこんな子がMなのか?と思いつつプレイの準備に入ります。
この時、少なからず落胆しました。僕としては、もっと純情そうな子を穢し尽くしたかったので。でもスタッフの采配は最終的に素晴らしかったと、僕はすぐに思い知ることになりました。
手錠をオプションで貰ったんですが、如何にもちゃちいタイプでした。すぐに壊れそうでしたし、なにより鍵がなくても逆方向に捻るだけで外れてしまう代物です。女性手足を縛って自由を封じるなんて、怪しい男がわんさかいる昨今じゃ危険すぎますから、デリヘル嬢のことを考えれば当然の配慮でしょう。
手錠は二つです。ホントは大の字にしたかったんで四つ必要だったんですけど、三つ以上だと追加料金が取られてしまうようだったので。手足を伸ばしてもらい、両手、両足につけてベッドの上で動けなくさせます。
この時点で既にデリヘル嬢の様子がおかしい。平静を装っていましたが、何処か不安そうな、時折見せる切ない表情が非常にそそられました。強気そうに見える子の弱った様子が僕を刺激してくるみたいです。
続いて、アイマスクを付けさせます。これで両手両足が封じられた上に、視界も真っ暗でなにも見えません。ベッドの上で全裸、全く動けない嬢を前に、僕の興奮も極まっていました。ホントに無意識に勃起ペニスに手を伸ばしていたくらいです。

電マで快楽地獄

まずは軽くおさわり。全裸で何も見えず動くことも儘ならない状態はデリヘル嬢を極限まで不安にさせます。それ故に集中力が研ぎ澄まされて、あらゆる感覚が鋭くなっていました。
なんの前触れもなく嬢の剥き出しとなった脇腹に指一本で触れただけで、嬢は大声で叫んで飛び跳ねます。それが面白くて何度も何度もツンツンして楽しんでました。
それから電マの登場です。大の字拘束が出来なかったのでやり辛かったですが、デリヘル嬢の秘部に当てて快楽地獄を味わわせました。両太ももにのしかかり、完全に動きを封じてからクリトリスに電マを押し当てます。
と、これまで大絶叫で上半身をバタバタされてました。大丈夫かな?って本気で心配してしまうほどの悲鳴……だけど下半身には哀れなほど愛液が滴っていました。
イクウウ!と何度も何度も叫びながら身を捩る嬢。それでも電マを止めることはせず、30分間をずっと電マに費やしていました。
オフレコですが、快感に苦しんでる嬢がエロすぎて、アイマスクを付けてないのを良いことに僕は自慰に耽ってました。無駄撃ちは勿体ないので、最後は我慢して嬢に手で抜いてもらいましたが……
またこんなプレイがしてみたいです。というか、デリヘル嬢からすれば体力的に堪ったものじゃないですから、こういうのは彼女が出来た時にやりたいと思います。