1時間に及ぶアナル責めでドライオーガズム

即尺の無料サービス

ホテヘルの利用回数が一定に達したんで、なんと基本料金が5000円も割引になりました。勿論、適用させてホテヘルに。ピンサロ価格にて60分の間、風俗嬢にアナルスティック責めを受けていました。
今回の相手は、前にも一緒に遊んだことのある30歳近い人妻さんとなりました。茶髪のボブヘアーで、歳の割には幼さを結構残したような顔つき。それと爆乳と言って良いほどの大きさを特徴とした人妻です。
だいぶ久しぶりだからか、顔を合わせても僕を覚えてるような素振りはありませんでした。でも適当に雑談をしていく内に思い出したような素振りも見せてくれました。
話の最中に向こうから僕へと寄りかかってきます。甘え上手で、僕に寄り添っては胸板に顔を埋めてきます。僕の鼻先に漂う人妻さんの香りに股間が滾っていき、やがて現れたテントをズボンの上から撫でられました。
直接触られるのは勿論、ズボンの上から触られるのも気持ち良くて堪りません。その状態からフェラしてもらったら、どんな感じなのかって何度も考えたことがあります。
まあ、そんなことはさせず。パンツが濡れて不快感を催す前に全裸になり、シャワーを浴びようかって提案しようとしたら人妻さんから即尺のお誘いが来ました。
シャワー前にイチモツをフェラしてくれる風俗定番のプレイです。基本は有料オプションのサービスなので見向きもしませんが、こうして誘われたからには断るわけにもいきません。
手コキとフェラで交互に責められ、入室して10分も経たぬ間に一発目の射精を達成しました。

肛門愛撫

お互いにシャワーでさっぱりしてからアナル責めへ。恒例というべきアナル舐めから始動。
流石30歳のベテランなだけあってテクニックは最高レベルです。いきなり肛門に舌を突っ込むのではなく、まずはアナルの皺を舌で数えるかのように入口付近を愛撫してくれますが、これが非常に刺激的で早速変な声が漏れます。
感度が良くなったところで舌を突っ込まれて凌辱される。続いてアナルスティックを挿入する為に指を入れられて肛門を広げていきます。中指を奥まで差し込まれて、ここでもまた声が漏れる。
もう肛門の感度は最初の時と比べて遥かにレベルアップしてるんで、指を入れられるだけで全身が痺れるほど気持ちいいです。ズボズボやられて拡張が済むと、本命のスティックの挿入に取り掛かりました。

便意と快感

冷たくて硬い何かが直腸内に入っていく感覚……スティックを挿入する最初だけは未だに慣れず、アナルがキュッと締まります。
それでも強引に出し抜きされて一気に便意を催してきてしまい途中でストップ……アナルを刺激された時の便意って、肉体がそう感じるだけで実際はそこまで出したい訳ではないって話しを聞いたことがあるんですが、それは真っ赤な嘘です。一人で練習してる時に便意に襲われた時、思わず解放してみたら悲惨なことになりました。
なので耐え続ける。出し抜きされていく内に快感の方が勝っていき、やがて便意のことが頭から抜け落ちます。しかし、スティックバイブの振動をオンにすると再び猛烈に出したい気分に駆られたり……あの状態で解放できたら、どれだけ幸せか。って思います……
前立腺を刺激されて精液が強制的に押し上げられたとき、またも快感に集中するように。不思議なことに、射精を目の前にすると排せつ行為って全くしたくなくなるんですよね。
振動されて精嚢を押されてトコロテンをドロッと放出します。強烈な快感に身震いしますが、まだまだ序の口で、今度は振動を強モードにしてもらい、二度、三度と放出しました。
四度目。射精感はあったのに精液が出ず……そこで行為は終了しました。相変わらず癖になる快感でした。