Fカップの風俗嬢のパイズリ

ホテヘルの雰囲気が性に合ってる

ホテヘルにて、人生初のパイズリ射精に挑戦してみました。パイズリというか、肉棒を谷間に挟んでもらったことは何度もあるんですが、射精には至ったことがないという話です。
最初は気持ちいいんだけど、徐々に萎えていってしまうような感じでフィニッシュまで保てないといいますか。でも最近は性について好調なので、もしかしたらと思いホテヘルで巨乳風俗嬢を手配してもらった所存です。
電話でFカップ嬢を確保してもらい、お店へと赴きます。相変わらず看板も目印もなく、いまにも倒壊しそうなほどボロいお店。経営者は女性と書かれていましたが、疑わしい話です。でも受付スタッフも掃除スタッフも女性だったんで、もしかしたら全員女性で構成されているのかもしれません。最近では珍しくないですよね。
電話予約の旨を伝えると、受付嬢が「待ってましたぁ~」と満面の笑みを浮かべます。歳は30代後半くらいかもですが、普通にヘルス嬢を任せられるくらいの美人です。ひょっとしたら風俗嬢あがりの人だったかもしれませんね。
女の子が登場。Fカップと言ってただけあって、衣服越しでもふっくらとした肉の丘陵が確認できます。前回と同様に、腕を組まれながら向かい側の部屋に連行されました。

Fカップパイズリ

申し訳程度のユニットバスで体を洗い、プレイに入ります。Fカップ以上の裸体も見たことありますが、今回のようにじっくりと冷静に味わえたのは初めてだったかもしれません。
布団にホテヘル嬢を押し倒して、乳首を吸い上げます。感度が良い感じになったことを確認して、次に乳房を按摩しました。Fカップ……丁度掌に吸い付くようなサイズです。指全体で乳房を揉むと、指がどんどん吸い込まれていくような感触です。
半端なく気持ちいいです。揉んでるだけで楽しくて、このままずっと手を離していたくない気分でした。胸には脂肪が詰まってるってよく聞きますが、本当にそうなのか確かめたいくらいです。
でも時間は一時間しか取っていないので、あまり夢中になり過ぎないように注意です。名残惜しいですが愛撫を止めてパイズリに移ってもらいました。
今度は僕が仰向け。そして、天井に向かってピンと張り立つ肉棒を嬢の谷間で咥えてもらいました。ローションを付ける予定でしたが、まずは普通に挟んでもらって乳房の感触を肉棒で感じます。
挟んだ状態から左右の乳房で圧迫してもらう感じです。グリグリと擦るように愛撫してもらいましたが、あの感触って一体なんなんでしょうね。表現が難しいですが、まるで魂が丸ごと吸い取られるような気分でした。

ローションパイズリに一目惚れ

試しにローションを使わずに上下に扱いてもらいましたが、これは流石に無理がありました。あまり気持ちよくなかった。なので、やっぱりローションの投入です。
すると、さっきは全然潤滑しなかったパイズリも、水を得た魚の如く扱けるようになりました。乳房の神秘的な感触をそのままに、肉棒を激しく圧迫して嬲られていきます。
ぼんやりと天井を見上げながら快感に浸ってましたが、途中から目を瞑って視界をゼロに。感触に意識を集中させておっぱいの弾力を堪能しました。
あまりの夢心地に射精の宣言を失念して、いきなり絶頂に達してしまいました。ローションと乳房に包まれながらの射精は、初めての感覚でした。目を瞑っていたことも大きいでしょう、とにかく気持ちよすぎました。
一回の射精で果ててしまい、プレイはそこで終了。最後は狭いバスタブでシャワーを一緒に使いながらキスをしまくってました。密着からのキス……僕の胸板にヘルス嬢のFカップがグニュっと潰れて気持ち良かったです。
キスも最高だったし、言うことありませんでした。