プロによる前立腺マッサージで快楽地獄

回春エステも不況か

給料日前のこと、まだお金も余っていたので風俗エステに行きました。昨夜のことです。職場から電話して混雑状況を確認。そのままエステ店に直行しました。
夜は割と混むものだと思ってて、いつも昼間を中心に風俗を利用してたんですが……不況なのか、夜だってのに待機室には客が僕しかいませんでした。
直前に他の男とエッチしてた風俗嬢と遊ぶことに多少の抵抗がある僕にとっては嬉しい話ですが、近場に性的なエステ店はその場所しかないんで寂れ過ぎて潰れたりってのは嫌です。
混雑してなかったので、待機室から5分ほどでプレイルームへと案内されます。
そこには、白衣を纏ったお姉さんが居ました。無料でコスチュームが選べるってことで、受付の時にナース服をお願いしていました。

ベテラン回春エステ嬢

歳は20代後半あたり。肌が色白で、髪の毛は黒のロングヘア―。パッと見た感じでも、物腰からして落ち着いていて雰囲気も凛としています。
そんな大人な女性がナース服を着て、これから僕に奉仕するっていうんですから興奮するのも仕方ありません。プレイルームに入室して10秒足らずで股間は既に滾りまくってました。
雑談はマッサージされながらで良いかと思い、さっそく服を脱いでマッサージ台の上にうつ伏せします。
僕の全身を、まずは温かいタオルで拭いていきます。なにか話してくれるかなと思ってたんですが、口下手なのかナースさんは寡黙で、盛り上がることもありませんでした。
プレイ前のムード作りは大切なので僕の方から話しかけることに。と言っても、僕に掛かれば全部下ネタになってしまうのですが。なお、口下手ではあるものの回春エステ嬢としてはベテランのようで、もう風俗エステに5年以上も勤めていると言います。
それを聞いてひとまず安心しました。回春エステについては、テクニックが最優先されると言って良いでしょう。なんせ他人の肛門に指を突っ込んだりしますからね。
タオルで身体を拭いてもらい、全身をアロマオイルで解してもらったあと、お待ちかねの前立腺マッサージに突入しました。

プロの技術に圧倒される

最初は肛門愛撫。肛門に指を突っ込まれたり、引っこ抜かれたりする準備運動……僕はこの時間が大好きです。
ゆっくりと肛門に侵入してくるエステ嬢の指に息苦しさを感じたと思いきや、一気に指を引っこ抜かれて、同時に解放感が漲ってくるという。
始めの頃は恥ずかしくて必死に声を抑えていましたが、最近は恥ずかし気もなく快楽を声に出しています。喘ぎ声を発した方が気持ちよくなれるのです……
続いて前立腺への刺激に移ります。何度も指を出し抜きされて肛門が解れると、前立腺の扉が開いてエステ嬢の指を受け入れる状態になります。中指の腹でグリグリと肉壁を擦られて、これまた大きな声が漏れてしまいました。
と、ここで吐精感が滲んできます。それを察した嬢が肛門をいじくりながら僕のイチモツを扱いてくれました。
曰く、勃起した状態と萎えた状態。どちらの状態でも前立腺を刺激されると射精すると言いますが、より快楽を得たい場合は勃起した状態でなければならないと言います。
肛門愛撫は果てしなく気持ちいいけど、勃起はしにくいので、こうして同時にエステ嬢に慰めてもらう必要があり……前立腺と肉棒を刺激され、吐き出すように精液が尿道から零れました。
一度目の射精。けど、まだまだ序盤です。トコロテンの射精には賢者タイムが無く、連続して精液を打ち放つことが出来、暫くすると再び二発目、三発目を放出しました。
四回目ってところで体力の方に限界が来てしまい、ノックアウト。終わった頃には精魂尽き果てた感が半端ではなく立ち上がることも儘ならなかったです。
でも最高に素晴らしい体験を味わわせてもらえました。