メイド服の女性と相互オナニー

思うようなコスプレがない

初めての相互オナニーです。ナマの女性をオカズにオナニーをしたことはありますが、昨夜はお互いをオカズにして一緒に自慰をしてみました。
裸体でも良かったけど、せっかくだからとメイド服のコスプレをさせてオカズに色を添えました。
相手は20歳の黒髪さん。顔が童顔の可愛い系だったから本物のメイドというよりアキバ系の萌えなメイドさんになりました。
挨拶後、シャワーを浴びてすぐに着替えてもらい、メイドさんが僕の前に現れます。メイド服はオーソドックスな黒色を基調とした色合いです。
コスプレ一覧にはメイド服だけでもピンクやら水色を中心としたモノもあったんですけど、僕的にメイド服は黒と色が混じった定番の彩りしか受け付けません。
スカートはエッチ用の衣装だけあって非常に短い。少し仰け反ってもらうだけでもパンツが見えるくらい生地面積が小さいです。二―ソックスと対になり、結局はこちらも絶対領域とやらを売りにしたアキバタイプでした。
写真だけじゃ分からなかったけど、スカートの裾は膝丈まであって靴下も白のパンストが良かったです。僕は、制服とかもミニスカよりも普通の丈の方がずっと燃えるタイプなのです。

相互オナニーでメイドをオカズ

しかし、悲しいことにミニスカ&可愛らしいフリフリのメイド服&20歳の容姿端麗なデリヘル嬢を前にしてイチモツは馬鹿正直に屹立していました。
ご丁寧なことに、メイドコスプレには、ポイントであるサテンの白い手袋が付属されていました。あの手袋で手コキされたら気持ちいいだろうなぁと想いに馳せながらオプションした相互オナニーに挑んでいました。
ベッドにお互いに座り、デリヘル嬢はM字開脚で。僕は胡坐を掻いた姿勢で向き合い、お互いに見つめ合ったままそれぞれ股間へと手を伸ばします。
そして、自慰行為です。珍しいことに、メイドさんは両手を使ってオナニーしてました。右手で肉ツボを、左手でクリトリスを弄る形です。
電気は消しませんか?という嬢から打診があったけど、それじゃあ見えないじゃんって反論しての明るい部屋ですので、お互いに局部を見せ合い、それを弄る姿と、それで感じる表情が丸見えでした。
多少の羞恥は屁でもない僕の方も流石にオナニーシーンを見せつけるのは少し恥ずかしかったです。でも嬢はもっと緊張した様子だったんで平静は保てました。
それにしても、と、視線を上げます。
可愛いメイド服を着た女性がオナニーしてる姿が目の前に見える事実に、改めてデリヘルの素晴らしさを感じました。彼女が居た頃、相互オナニーっぽいことしようって何度も打診しても一回だって実現しなかったのに……と。
オナニーシーンがエロいのはさることながら、僕を見ながら自慰に耽ってくれるっていうのも僕を精神的に満たしてくれました。

同時絶頂が難しい

一緒にイこうって話をして、いまどれくらい?と聞きながらお互いの官能状態を合わせていきます。でも女性の場合はふとしたことで絶頂に達してしまうので、中々難しいことが分かりました。
オナニーを始めて20分くらい。僕の方はとっくにイキそうになってたんですが、女性側はまだ反応は見られず、僕の方も速度を落としたところで、今度は突然「あ、イク!イクイク!」と叫んで先に絶頂してました。
それから僕もイッたわけですが、なんとも言えない気まずい雰囲気が流れました。そもそもオナニー中も特に話すことがなかったんで無言状態が多かったんですが、二人向き合いながらオナニーしてて、シーンとするのは激しく気まずかったです。
結論から言えば、微妙だった。でもメイド姿の女性を前にしながらオナニーするのは気持ち良かったです。
最後はメイドさんの全身フェラで終わりました。二発目を狙って手コキもしてもらったんですが、射精までは届かず。相互オナニーは僕には合わないようでした。