男慣れしてない女の子に自慰を見せつける

オナクラで遊んでみた

素人っぽい子がたくさん在籍しているらしいデリヘルを利用しました。
そのデリヘルにはオナクラコースというものがあり、オナクラコース専属の風俗嬢には処女も多いと言われてます。久々に素人系と遊びたかった僕……電話で素人系の女性と遊びたい旨を伝えると、すぐに手配してもらえました。
オナクラコースとは、料金が安い代わりに女の子と遊べる範囲が厳しく制限されるプランです。
いつものデリヘルが60分1万円なのに対してオナクラコースは6千円という超低価格なんですが、その代わりにフェラや全裸はお預けというもの。勿論、アナル舐めもありません。オナニークラブという名の通り男がオナニーするという内容であり、女の方もジッと見つめてくるだけになります。まあ、見聞を広げる為のお試し感覚で利用してみた所存です。
オナクラにおいて、若い子は非常に人気があって予約なしじゃ、まず出会えないってコメントが掲示板にあったんですけど、電話したら普通に19歳の子が来てくれました。

オナクラは性に合っていないのか

流石に処女ではなかったんですが、風俗業界が初めての新人さんだったんで、ウブっぽさが各所でひしひしと伝わってきました。
顔も、可愛いと言えば可愛いけど、それよりも地味という印象が強かったです。でも、そんな風俗嬢らしからぬ容姿が、僕の情欲を限りなくそそってくれました。
密着しながらの会話も、「あ、え、あ……えっと……」といった風に吃音が激しかったのも印象的です。風俗慣れ、男慣れしていない様子に堪らずキスしそうになりましたが、オナクラコースではキスだけでも有料オプションが課されます。別に1000円程度だったんで払っても良かったんですけど、何故かケチってしまいました。
オナクラコースではオプションを追加しない限り女の子からの奉仕が無いので、シャワーを浴びるのも僕だけになります。一人で孤独にシャワーを浴びてる間、オナクラコースを選んだことに少し後悔してました。もっと女の子と密着してこそデリヘルですからね。
シャワーを出てベッドに座り、慣れた手つきでイチモツを慰めにかかります。女の子は床に正座しながら真正面に聳える僕の肉棒をジィっと見つめていました。
視線を浴びながら、ゆっくり手を動かし始める僕。室内が静寂に包みこまれており、なんとなく気まずい雰囲気になります。女の子の目の前で、黙々とオナニーするという光景……僕は異様に感じました。

お互いに羞恥プレイ

気まずい沈黙に耐えながらのオナニーでしたが、それでも目の前に可愛い女の子がいて、そんな子がコチラをジッと見つめてくるんですから興奮は感じてしまいます。
眼前の美少女をオカズに肉棒を扱き続けると、尿道から我慢汁が溢れて、ポタポタと滴りだします。この辺から気分が高揚していき、気まずさも感じなくなっていきました。
理性より欲望が強くなった頃。羞恥心を捨てて、女の子の目や髪の毛や胸などを一つ一つじっくり眺めては官能を刺激していく。女の子も僕の視線に当てられたか、色んなトコ視られてオカズにされてることが恥ずかしくなって途中から挙動不審が激しくなってました。
どうやら、目を合わせるのが苦手だと判明。意地悪な僕は、「目を逸らさないで」と言って、無理やり視線を交わすよう指示しました。
10秒くらいは視線を合わせられるけど、それでもすぐに顔が赤くなって逸らしてました。その度に「こっち向いて」と言って、強制的に視線を交わし続ける。仕舞いには女の子の顔が気の毒なほど真っ赤っかになってました。
これじゃどっちが羞恥プレイ味わってるのか分かりません。やがて快感が限界に達し、最後はイキ顔を視られながら果てました。イキ顔を視られる恥ずかしさ、割と癖になりそうです。
とまあ、こんな感じでオナクラ初体験を終えました。女の子をオカズにオナニーなんて子供の頃からやってますけど、実物を前にやったのは初めてで、とても新鮮でした。楽しかったけど、やっぱり僕はもっと責められたい派ですね。