ペニスバンドでシングルマザーに犯される

夜な夜なホテヘルへ

仕事の後に風俗というのは体力的にキツいんですが、つい時間があると利用したくなってしまいます。
先ほど、ホテヘルにてスクール水着の女の子にアナル開発されてきました。以前にもオプションで利用したことのあるアナルスティックを使い、前立腺を刺激してもらったことがあります。
しかし、前にアナルスティック使ったときは、いまほどアナルが敏感ではなかったので、それほど感じることが出来ませんでした。
最近はしっかり精嚢への刺激でトコロテン射精も抵抗なく放出できるようになったし、もしかしたら以前よりもアナルスティックで感じることが出来るかもしれないと思った所存です。
相手がスクール水着なのは、偶然にもその日が水着デーだったから。ビキニにしたかったんですけど、平日夜はホテヘルも混雑していてスクール水着しか残っていなかった模様です。
スクール水着の女性にスティックでアナルを弄られるなんて……と、楽しみにしてたのも束の間、ホテヘル嬢が持ってきたソレは、想定してたアナルスティックとは遥かに異なる形状の物でした。
確かにアナルスティックと注文したつもりなんですが、女の子が持ってきたのは紛うことなくペニスバンドだったのです。

お相手はシングルマザー

ペニスの形をしたディルドをバンドで装着するアレです。そんな物を持ってこられるのは、あまりにも予想外でした。
これ、ペニスバンドだよね?と聞くが、嬢は「これもアナルスティックらしいよ」と言ってパッケージを見せてきます。よく見ると、そこには「アナルスティックバンド」と書かれていました。
「どうする? 使わない?」と聞かれるが、もう料金は支払っちゃったんだし使わない訳にもいきません。そう言うと、何故かホテヘル嬢は満面の笑みを浮かべてきました。
というわけで、唐突なペニスバンド初体験です。まさか疑似ペニスで女の子に犯される日が来るとは思ってみませんでした。
いや、ぶっちゃけ、ペニスバンドには少しだけ興味もあったんですけど、まだそこまで踏み込むほどの勇気はなかったというか。
ちなみに、相手してくれた嬢は20代後半の金髪ギャルママさんでした。離婚してるそうだから人妻ではなくシングルマザーです。シングルマザーさんとのエッチも初めてだと思います。

ペニスバンド初体験も……

前戯を済ませてペニスバンド挿入に掛かります。
しかし、ディルドの亀頭部分があまりにもデカくて何度も不安に駆られてしまう。「これ、ホントに入るのか?」という質問を5回はしたと思います。
無理だろ……と思いつつも挑戦。立ちバックの体勢を取り、ディルドを装着した嬢に腰を支えられます。指でアナルを解され、ローションを垂らして、ディルドの亀頭で軽く肛門をグリグリと刺激されると、徐々に入り口が広がっていき、同時に亀頭の入る感触が全身へと伝わってきました。アナルセックスする時と、ほぼ同じ流れです。
「亀頭入ったよ!」と嬢が嬉々として言う。僕の方は心にゆとりが全然なくて呼吸を整えるだけで精一杯です。
呻く僕を余所に、ぶっといアナルスティックがどんどん肛門へと侵入していきます。大体半分くらい入った所で制止させました。ぶっちゃけキツすぎて全く快感がない。便意も凄まじいほどに溢れて止まず、堪えるだけでも大変でした。
でも、スティックがピストン運動を始めるや否や、すぐに全身に痺れるような快感に襲われました。やっぱり、腸に侵入したモノが引っこ抜かれる瞬間だけは最高に気持ちいい。それを何度かやられていくと、フル勃起したペニスから我慢汁がドバドバと溢れてきました。
前立腺付近へと亀頭を宛がってもらい、弱振動を試してみると、これまた全身がブルブルと震えてきます。同時に射精感も湧き上がっていき……床にドロッとした白濁液をぶちまけてました。
トコロテン射精が一回だけ達成という結果に終わりました。もっとできたかもしれないけど、スティックがあまりにも大きくて精神的なゆとりが全くなかったです。
ペニバンの感覚はわかったので、今度やる時はもう少し控えめな物で挑戦したいです。