アナルスティックで前立腺の刺激

アナルスティックを迷わず導入

回春による前立腺マッサージが忘れられずリピートしようと電話で空席確認をしたら、予約が最終まで満席とのこと。仕方なくデリヘルで憂さ晴らしをしました。
性欲って、その場のノリが強いので、どうも風俗で予約という考えが僕にはあまりないんですよね。風俗エステは、また機会がある時にぶっつけで赴きたいと思います。
前に会員登録をしたデリヘルは大手だけあって、当日の注文でも普通に手すきの嬢が居て入れました。
ネットでオプションを見ていると、アナルスティックなるものを発見。細い棒状のバイブを直腸へとぶち込み、振動を与えて快楽を味わう道具です。
すっかりアナルにハマってしまった僕は、迷わずオプションに入れてました。ついでに、嬢の年齢も若かったのでコスプレに学生制服も注文しました。

献身的な嬢。全身リップと乳首性感帯

相手は19歳の女の子です。久々の10代に、僕の方もなんとなく緊張が走ります。
10代らしい痩せ型に加えて、化粧が薄くて肌も瑞々しい。若いって素晴らしいです。
ベッドで肩を密着させながらの雑談。途中から太ももに手を置いて軽くスキンシップを取り始めます。と、なんと向こうから「キスしても良いですか?」なんて唇を差し出してきました。
その献身的な心意気に、僕の情欲が益々肥大していきます。迷わず唇を重ねて、思いっきり抱きしめます。匂いフェチな僕。鼻に掠める十代の美少女の香りに股間が反応して、膨らんだテントが女の子の下腹部に擦れます。
シャワー前だというのに、手で抜いてあげましょうかと言われましたが、持続力の低い僕は無駄撃ちを避けてシャワーに入りました。
アナルの前に、まずは適度な愛撫です。ベッドに寝転がって、デリヘル嬢の全身リップを堪能します。キス、乳首舐め、お臍舐め。そういえば、乳首の性感帯も開発したいって思ってるんですよね。これまで乳首で全く感じたことのない僕は、男でも普通に乳首でドライオーガズムに達せると聞いてビックリしました。
徐々に乳首も開発していきたいと思うので、これからの風俗では毎回乳首責めをしてもらおうと考えました。

アナルスティックの振動でドライオーガズム

続いてはアナル責めです。まずはじっとりとアナルを舐めてもらいアナルスティック挿入の準備を完成させます。
ここで意外なのが、19歳デリヘル嬢のアナル舐めが非常に上手だったということ。アナルの皺を円を描くように舐めてから、舌を根元まで突っ込んでくるスタイル。若いし、経験も薄そうだったんで、そこまでやってくれるとは思いませんでした。
気を良くしながらアナルスティックの挿入に入ります。スティックには初級から上級者用があったので、素人である僕は初心者用をお願いしました。でも、初級用も大きい。普通に親指くらいの太さがあって、これホントに入るの?って疑うほどでした。
でもローションを使えば割とあっさり入る模様。気づけば、スティックの半分くらいまですんなり挿入しました。ひんやりとした感触で、この時点では指入れの方が気持ちいいです。しかし、スティックには振動機能があり、バイブレーション機能をオンにしてもらいました。
恐らくは先端を前立腺部分の肉壁に宛がっており、振動が走ると同時に僕の身体がブルっと震えました。指入れでは味わえない感覚が僕を襲ってきます。
しかし、ぶっちゃけそれだけでした。バイブレーションとは相性が悪いのか、あんまり気持ちよくなかったです。正直、スティックを出し入れされている時の方が気持ち良かったです。
最後に振動を強にして刺激を強めてもらいましたが……それほどでもなかったです。まだ慣れてないから身体が強張ってたんでしょうか。最後はスティックに飽きて普通に指入れをしてもらいました。